雄町

雄町の特徴

・ふくよかで円みのある旨み
・幅のある複雑な味わい
・深いコク、長い余韻
・米の甘みと酸味との調和
・熟成を経て開く旨み
・あらゆる料理と調和

雄町のお酒とはふくよかで旨みたっぷり、あと味に独特の苦味があり、燗がバツグン。

雄町のほとんどが岡山県で生産されている。

昔は収量が少なく、背丈が高く、害虫に弱いため生産が激減し幻の酒米に。

横山五十 純米大吟醸 白ラベル

長崎県

 

人の名前みたいですね!

横山太三さんが山口の蔵にて泊まり込み醸した純米大吟醸。名字をとって横山と名付け、50は山田錦精米歩合50%を意味しているそうです。

 

白ワインをイメージして作っていらっしゃるそうなので、魚料理にはもってこいですね!

フルーティで、少し甘酸っぱいです!

長珍 純米吟醸50

 

いつの時代にも末長く、珍しくおいしいお酒、珍重される酒でありたいと願い「長珍」となった。

このお酒は搾ってからオリを沈殿させ、上澄みを一本ずつ丁寧に直汲みした無濾過本生酒です。搾りあがったそのままの味をお伝えするためにろ過・割り水・火入などまったく手を加えないで蔵出しをしております。

って書いてある。

上澄みなんて、贅沢ですね!

 

一喜

千葉県  飯沼本家

ご紹介の一喜(いっき)は飯沼本家の醸す限定ブランド
「一杯にいっぱいの喜びを込めて」 という蔵人の想いから生まれたお酒です。

 

名前の意味がすごくステキですよね!

ケイジ

鮭の種類
白鮭、紅鮭、銀鮭、キングサーモン、アトランティックサーモンと色々ある。

日本で獲れる鮭は白鮭!
獲れた時期で呼び方が変わります。
季節外れの春から夏場にかけて沖で獲れるトキシラズ。
北海道近海で秋に獲れる秋味。


生鮭とあるが寄生虫の恐れをなくすために、ほとんど一度冷凍してある。

【ケイジ】
何千本、何万本に1本しか獲れないという幻の鮭。
味がよく本マグロの大トロに例えられますが、脂のノリはそれ以上で全身が大トロ状態!
脂の質がすごく良く、身質がねっとりしていて、鮭の旨味がぎゅっと詰まった感じです!

まさに幻!

キンキ

 

赤いのは海老類をエサにしているからとか。

旬は秋から冬にかけて。

魚体の色が赤く、体型が似て目が大きいことからキンメダイと混同されることがあるが、まったく別種の魚です!

キンキを美味しく調理!
刺身、塩焼き、煮付け、しゃぶしゃぶ!

煮付け最高です!

魚はしっかりした下処理をしないと嫌な臭みがでます。
沸騰したお湯にさっとキンキをくぐらせ、すぐに氷水に入れます。すると流水で鱗やら滑りが取れやすくなります!

ノドグロ

ノドグロ=アカムツ

旬は秋から春にかけて。

 

ノドグロは知っての通り錦織圭さんが『ノドグロを食べたい!』と言ってから爆発的に有名になりましたね!

 

喉が黒いからノドグロとか。

 

刺身、炙り、西京焼き、塩焼き、干物、しゃぶしゃぶ。

全部最高ですね!脂がなんとも言えなく!甘く!上品です!