日本酒の味を示す基準

日本酒度、酸度、アミノ酸度である。

 

『日本酒度』

日本酒の水に対する比重のこと。

酒中の糖が多ければ比重が重くなることから、マイナスであほど甘口、プラスであるほど辛口。

 

『酸度』

日本酒に含まれる酸の量。

酸度が高いと辛く感じ、低いと甘く感じる。

味の濃淡の目安となり、酸が多ければ濃く、少なければさっぱりとした味になる。また、酸には味を引きしめる効果があるためわ酸度が高い酒はキレのある辛口に、酸度が低い酒はやさしい甘口になりやすい。

 

アミノ酸度』

アミノ酸の量。

アミノ酸が多いほどコクのある酒になるが、多過ぎると雑味がでてしまう。少なければさっぱりとした軽快な酒になる。

 

これらは味を知る手がかりになるだけで、糖の量だけでなく、酸味やアミノ酸、香り、などのバランスで日本酒の味は決まる。