生酛造り

生酛系酒母という自然の乳酸菌の力で雑菌を排除して、酵母が活動しやすい状態をつくり、アルコール発酵を促進する。また、山卸しという米をすり潰す作業を行う伝統的な醸造方法である。

 

昔ながらの日本酒の造り方。

 

逆に人工の乳酸菌を加えて造ったものを速醸造りと言う。